「果ての海」 | 思い出と想いで彩られたiPhoneケース/スマホカバー | MIRROR

Home/Pop, Simple/「果ての海」 | 思い出と想いで彩られたiPhoneケース/スマホカバー | MIRROR
「果ての海」 | 思い出と想いで彩られたiPhoneケース/スマホカバー | MIRROR 2016-12-20T20:47:13+00:00

Project Description

LINEで送る
Pocket

スマホケース商品概要

人の思い出のエピソードを基にデザインされたiPhoneケース「MIRROR」。実際にあった思い出のシーンや想いをネット上で募集し、ビジュアルに落とし込みました。一つ一つのストーリーにある、一つ一つのデザイン。「MIRROR」が伝えるものはデザインの裏側にある、人の想い。それは誰かの気持ちを映す、不思議な鏡のよう。

ストーリー・デザイン概要

結婚を機に以前付き合っていた人との写真を消去しようとする、とある女性。写真を眺めるうちに、昔の記憶がよみがえる。夏の津軽海峡。風と海。二人の影。記録は消去しても、記憶には残る。それを思い出すきっかけは、津軽海峡の波と風、なのかもしれない。

オンラインショップで購入

¥2,980(税込)

(iPhone 6plusのみ¥3,480)

Story

果ての海

結婚することになった。
人生の区切りだと思って、パソコンの中身を整理することにした。
以前付き合っていた人と撮った写真を、ぜんぶ消そうと思って。

あぁ、あの人とはいろんなところに行ったな。連れて行ってもらった。
たくさんの写真を眺めているうちに、ある場所で撮った写真にふと目が留まった。

それは誰もいない岬。
一緒に乗ってきた、お気に入りの車がぽつんと停められている。
本州と北海道の境目の、夏の津軽海峡で撮った写真たち。
吹き抜ける風や潮の匂いを思い出す。

そこには、おもちゃみたいな売店があって、どこから来ているのか
置物のようなおばさんが一人店番をしているだけ。
その店も、店じまいをしようとしているような夕方だった。

並んで細い道を上って行くと、びゅうびゅうと海風が抜けて、周りの草地を揺らした。
二人の影が伸びて、きれいだと思ったから影の写真を撮った。
例の歌が流れる石碑があって、ボタンを押したら思いのほか大音量で流れて驚いた。
曲がやむと、さっきより静寂が増した。
海と風しかないところに、巨大なレーダーがひとり、海を見張っていた。

ふたりで座ってぼんやり、夕方の津軽海峡を眺めたのだった。

そこでの写真には、なぜか二人を写したものが一枚も無かった。
風景しか撮らなかった津軽海峡の写真たち。
それでも、写真は全部消しました。

ほんとうに大好きでした。
しあわせになります。

Author by toto-ro

Spec

    iPhone5/5c/5s/SE/6/6s/6plus/6s plus (iPhone 6plusのみ価格は¥3,480)
    Xperia Z5(SO-01H/SOV32/501SO)
    Xperia Z5 Compact(SO-02H)
    Xperia Z5 Premium(SO-03H)
    Xperia Z4(SO-03G)
    Xperia A4(SO-04G)
    Xperia Z3 Compact(SO-02G)
    Xperia Z3(SO-01G・SOL26・401SO)
    Xperia Z2(SO-03F)
    Xperia A2(SO-04F)
    Xperia A(SO-04E)
    Xperia Z1f(SO-02F)
    Xperia Z1(SO-01F/SOL23)
    素材:ポリカーボネート
受注生産品につき、決済完了後10〜14日以内に発送いたします。スマホカバーはお届け日の指定はできません。
レビューを書くと送料無料キャンペーン中です。
■日本郵便クリックポスト(※ポストにお届け)

  • 通常料金、全国一律¥164

当店は海外への配送は行っておりません。

お支払方法は下記をご用意しております。

  • クレジットカード決済
  • コンビニ決済
  • 代引き
当ショップに不備があった場合のみ返品・交換に応じます。
掲載している写真は、ご使用のコンピュータの環境や撮影の光加減によって実際の商品のイメージと多少異なることがございます。
オンラインショップで購入

¥2,980(税込)

(iPhone 6plusのみ¥3,480)

同じカテゴリのスマホケース

人気のスマホケース

スマホケースを探す

LINEで送る
Pocket

Leave A Comment