[特集] iPhone6sで撮る、日常の風景。

LINEで送る
Pocket

iPhone6sのカメラで、何気ない日常の写真を撮る。

普段見ているものでも、レンズを通して見てみると、いつもとは違った印象に見える。
そこが、写真の面白いところ。
モノをどのようなアングルで捉えるか。
そう考えながら、モノと対峙すると、気がつかなかったことが見えてくる。

(写真はすべて、iPhone6sで撮影・加工・補正したものを使用しています)

リフレクション。

反射する像は、ちょっと不思議。
コピーされた、逆さまの世界。
フェルメールは鏡などを使って、あの写真のような絵画を描いたという説がある。
こんな風景を見て、あの技法を思いついたのか。

穴。

江東区、清澄白河にある東京都現代美術館。
パンチングのファサードがまさに「現代的」な印象の建築物。
そのパンチングに近づいて、穴を覗いてみたら、森があった。

見上げる。

スマホという便利なものの副作用か、「見上げている」人をあまり見ない気がする。
そのせいか、たまに見上げてみるとちょっと得した気分になる。

並べる。

規則的に置いたもの。不規則に置いたもの。
どちらも、デザイン・レイアウトの基本。

佇む。

ただ、そこに置いてあるだけ。
それでも画になる。

暗闇のひととき。

流れるような車のライト。
暗闇に心地よさを与える照明。
肉眼で見えるものと、写真でしか見ることのできないシーン。

LINEで送る
Pocket

2016-12-20T20:46:59+00:00 1月 2nd, 2016|Feature|0 Comments