「33,000フィートに描いた夢」 | 手帳型iPhoneケース | MIRROR / Diary

Home/Pop, 手帳型/「33,000フィートに描いた夢」 | 手帳型iPhoneケース | MIRROR / Diary
「33,000フィートに描いた夢」 | 手帳型iPhoneケース | MIRROR / Diary 2017-05-23T16:34:00+00:00

Project Description

LINEで送る
Pocket

スマホケース商品概要

人の思い出のエピソードを基にデザインされたiPhoneケース「MIRROR」の手帳型バージョン「MIRROR / Diary」。
デザインはそのままに、ハードケースとはひと味違うヌメ革風の手帳型ケースに仕上げました。

ストーリー・デザイン概要

ある客室乗務員のリアルな思い出ストーリー。客室乗務員に憧れ、航空会社に入社するも、客室乗務員になるためにはその後の厳しい訓練をクリアしなければならない。その最終試験までのエピソードを辿る。上空33,000フィートに描いた、ある女性の夢のストーリー。

航空機にまつわる物語を、ストレートに、荷物を扱う際に使用するラゲージタグをモチーフにデザイン。
数十年前まで実際に使われていた、海外のクラシックでクールなデザインのラゲージタグの復刻・オマージュ。
世界各地の空港コードが書かれた大量のラゲージタグの羅列は、その後、主人公が世界中を飛び回ったのだろうと、物語の「その後」を想像したものでもある。

オンラインショップで購入

¥3,480(税込)

(iPhone5/5s/SE/6/6sのみ)

Story

33,000フィートに描いた夢

私には小学生の頃からの夢がありました。それは、客室乗務員になって世界中の空を飛びまわることです。

よく聞く「きれいなお姉さんに憧れて」などといった理由ではなく、人と接することが好きだったのと、何よりも大好きな空を自分の職場にしたかったためでした。
大学4年の春、なんとか航空会社から内定をもらうことができ、そこでようやく夢への一歩を踏み出したのです。

しかし、内定をもらったのは本当にまだスタートラインにも立てていない状態。大学を卒業して入社後、毎日の厳しい訓練が待ち受けていました。

客室乗務員は華やかな面ばかりが注目されがちですが、何よりも保安要員としてお客様を安全に目的地までご案内することが一番の仕事です。そのため訓練もとても厳しく、火災や人命救助、水中訓練など本当に多岐に渡るカリキュラムをクリアしていきました。
そして、最後の関門。OJTです。実際の営業便に教官と一緒に乗り、それまで習ったすべてのことを時間内にきちんと実施できるかのチェックが行われます。これをパスしないと、客室乗務員として乗務することはできないのです。
私にとって、このOJTの日こそが「勝負の日」でした。幼い頃から思い描いていた夢を実現できるかどうか。内定をもらって入社していても、これで合格しなければその夢は叶わない、と思うととても緊張したことを思い出します。
勝負の日にしっかりと自信を持って挑めるよう、沢山の準備をしてきました。そして「その日」は、緊張感で本当に信じられないくらいあっという間に終わってしまったのです。

勝負の日の結果、OJT試験には無事に合格。客室乗務員になりたいという夢を叶えました。

Author by yuaoi

Spec

    iPhone5/5s/SE/6/6s
    素材:PUレザー
    製造国:日本
    ・ケースを折り畳んでスタンドとして使用可能
    ・カードなどを入れられるスリット入り
    ・ストラップホール付き
    ・ストラップはマグネット留め
受注生産品につき、決済完了後10〜14日以内に発送いたします。スマホカバーはお届け日の指定はできません。
レビューを書くと送料無料キャンペーン中です。
■日本郵便クリックポスト(※ポストにお届け)

  • 通常料金、全国一律¥164

当店は海外への配送は行っておりません。

お支払方法は下記をご用意しております。

  • クレジットカード決済
  • コンビニ決済
  • 代引き
当ショップに不備があった場合のみ返品・交換に応じます。
掲載している写真は、ご使用のコンピュータの環境や撮影の光加減によって実際の商品のイメージと多少異なることがございます。
1点づつプリントしているので、1〜2mm程度の印刷ズレが生じる場合がございます。
オンラインショップで購入

¥3,480(税込)

(iPhone5/5s/SE/6/6sのみ)

同じカテゴリのスマホケース

人気のスマホケース

スマホケースを探す

LINEで送る
Pocket

Leave A Comment